続・doiluxの検証生活

メインはQiitaで、こちらはQiitaに掲載するのにそぐわない内容(技術的な要素が比較的薄いもの)のものを掲載。なお、本ブログの内容は個人の意見を反映したものであり、所属組織のスタンスを反映したものではありません。

今のところ、僕の中ではこの見積方法がベスト

※この記事はDDD(ドメイン駆動設計)を採用してて、なおかつスクラム開発をしてる現場にしか役に立たないかも。

1 解決したい課題

「3ptだと思って作業をはじめたら15ptだった!!」みたいな理由でバーンダウンしない。 (教科書通りにやるならば、基準となるストーリーを決めて相対的に見積もるが、それでもずれるとき)

2 パターンの説明

エンティティの数と影響するレイヤーに基づきptを策定する。

3 実装

以下のような表(例です)を作った。

災害レベル エンティティ ポイント
レベル「神」:人類文明の存続が危険視される 契約 8
レベル「竜」:複数の都市の壊滅が危惧される 商品 5
レベル「鬼」:都市全体の機能の壊滅が危惧される 契約者 3
レベル「虎」:不特定多数の生命の危機を齎しかねない 請求書 2
レベル「狼」:危険因子となる生物や集団の出現 支払い 1

あとはストーリー(例:契約者は商品を購入できる)でどのエンティティが関わるかを決めて、一部のレイヤーのみに影響がでるなら半分とかにする(例:契約のチェックの機能を追加するため、データソース層は手を入れない->3ptくらいにする)

4 構造

5 利点

6 注意

そもそも神エンティティがいる時点でやばい。分割したほうがいい。

理想を言えば、「ちゃんと設計」してから見積もればそもそもptはブレないはず。なので、設計と実装とでストーリー自体を分けてるけど、「このスプリントで設計と実装両方に取り掛かりたい!!」ってことがあったりするので、ざっくり設計でも見積もれるように、この算定方法を考えた。

7 その他

参考:怪人(ワンパンマン) (かいじん)とは【ピクシブ百科事典】

8 寄贈したアーキテクト

くそ簡単だけど地味に効果がある気がするチーム運営上の工夫

スプリントにドラゴンボール風のサブタイトルをつける。

1 解決したい課題

以下の理由で改善がすすまない。

  • Tryを詰め込みすぎで忘れる
  • Try=手段をやることに注力してしまい、Tryをやる目的を忘れてしまう

2 パターンの説明

プランニング時にそのスプリントでチームが大事にすること、達成することを一言で書く。 多分、一言ってのが大事で、多くなると実践できない。

(関係ないけど、僕は新人のコーダーに対して「Javadocでそのメソッドの機能を一言で書いて!!」と言っている。一言で書けない場合は設計ミスだと思っている)

サブタイトル例
「運用は任せろ!!」分業体制でスピードアップだ!!

運用(エラー対応など)が多くて開発が進まないリスクがあったので、運用担当(僕)をつけた回。選任にすることでスキトラの手間を削減し、さらに作業に慣れることと、手順の一部自動化でスピードアップを図った。

〇〇さん覚醒!!スキルアップの鍵はTDD?

新人の生産性が低かったのでペアプロスキルアップを図った回。

総力戦!!みんなでコーディングだ!!

ベロシティが落ち込んでいたのと、運用スピートが改善と慣れで若干負荷がへったので運用担当が製造に参加した回。

3 実装

サブタイトルをJIRAとかredmineとかの朝会で目にするところに記載する。

4 構造

5 利点

6 注意

7 その他

最近、クラウドデザインパターンのフォーマットが気に入っている。

8 寄贈したアーキテクト

@doilux

楽器練習日記〜Sprint1(~4/10)

トロンボーンを始めた。

きっかけ

さかなクン、黒いスーツでスカパラに加入「夢のようでギョざいます」 | ORICON STYLE

僕も魚業界(?)におけるさかなクンさんばりにIT業界で有名になって、かつ楽器ができたらスカパラに加入出来るじゃん!!って思ったから(まあ、どっちもたりてないんですがw)

スペック

  • 音楽の成績は3以上とった記憶がない
  • 楽譜はもちろん読めない
  • 楽器は鍵盤ハーモニカとリコーダーは6年(小学校でw)

環境(吹奏楽部の中学生と比較して)

中学生 ぼく
練習時間 ×(基本23〜24時帰宅orz)
練習場所 ○(学校) ×(マンションのため)
道具 ○(学校の) ×(もってない)
人生経験 × ○(システムの障害とか…orz)

振り返り

Keep
Problem
  • 練習用のプラスチックのマウスピースとレッスンで使ってるマウスピースでなんか感覚がちがう→入門用の金属のマウスピースで練習して、レッスンで持参することを検討(次回レッスン時に先生に相談)
  • 同じ音程で吹けない
  • とりあえず早く帰らないとマウスピースで練習する時間もとれない(マウスピースだけだと大きな音がでないけど、さすがに夜は近所迷惑かな〜とおもったり)
Try
  • 入会の電話をする
  • 次回レッスン時に上記マウスピースの相談をする
  • なんとなく記憶に残ってる「ファ」の吹き方を一定してふけるように練習用マッピで練習する
  • 練習時間を確保するために、早く帰るために早朝出社してみる

会議大杉!!

会議が多くて死にそうなので、なんとか減らせないか考えてみた。

www.lifehacker.jp

こんな記事を見つけたので、目的別に代替策がとれないか考えてみた。

「決める」会議

多分進行はこんな感じなるはず

  1. 「決める」ことの材料になる情報を共有
  2. 色んな角度から意見を言う
  3. 意見をまとめて案をまとめる
  4. コミットする

1は「ファイル共有するからみとけー」でOK。2、3はチャットとかではレスポンス(誰かの発言に反応する)のタイムラグがあるときついかも。4は議事録の承認をもってコミットするはずなので、チャットでOK。2、3も工夫次第では対面をなくせるか??

「伝える」会議

ファイルみとけーでOK。

「(情報を)集める」会議

記事に書いてあるけど、「メールかチャットで情報ちょうだい」でOK

「(アイデアを)広げる」会議

これは置き換え無理かな…

「(モチベーションを)上げる」会議

これも置き換えは無理

とりあえず代替策で会議を減らす方法は「伝える」会議をなくすことしかできんですね。まあ、ファイルみとけーって言われても大体会議の直前までみないけど。何にせよ、会議を開催するときには事前に目的をしっかり定めることが大事だな…

あとは、会議体ごとに「自分がなぜそこにいるのか」を考えた方がいいかも。上記の目的と照らし合わせて自分が不要だとおもったら議事録に目を通すだけでOK。あと、会議体って自分の知らないところで加入させられてたりするから、「そんな余裕ねーよ!!」と断ることも大事だな。

全然まとまってないけど、以上

バーンダウンしない理由

チームでバーンダウンしない理由を考えてみた。

割り込みタスクが入る

どこから入った割り込みかで話が変わってくる。

プロジェクト外

勤務管理の提出が明日までだった!!とか、前のプロジェクトでバグが見つかったからヘルプ!!とか、ペットが死んだから休みます!!とか。有効な対処法はない

プロジェクト内

対処法はやらないこと。バックログに積んで次スプリントで対応する。ただ、スプリント期間が2Wとかだと、取りかかるまで最大2W開くのでこの方針はとりづらいかも(個人的にはスプリント期間は3日くらいがいいとか思ってたりする)あと、「割り込みを許可するけど、その分優先度低い何かをバックログに戻します!!」ってやり方もあると思うけど、色々と調整とかのコストがかかる(こういう調整コストって結構馬鹿にならないと思っている)

見積もりがあまい

1ptのボリュームがずれる

チーム全体の成長と自信によって、1ptのボリュームが増えるパターン。時間ではなく作業量で見積もりを出すことと、基準となるタスクをこまめに確認すべし。

不確定部分を見積もっている(※1)

例えば「お客様が販売ページからXXXを申し込むことができる」ってストーリーがあったときに、この中には設計、製造、テスト全部含まれていると思うが、設計できてないのに製造のボリュームを見積もることはできないはず。ストーリーを作業量が確定している部分(ここでは設計)と確定していない部分(ここでは製造以降)に分けて、スプリント内ですることは作業量が確定しているストーリーのみにする。ただし、このやり方をする場合は2Wスプリントとかだと、設計から製造に取りかかるまで最大2W開くのでスプリント期間は短くすべし。

まとめ

バーンダウンしない理由は大きく2つ。割り込みタスクが発生することと見積もりがあまいこと。どちらの場合も不確定要素を減らすことが大事。そのためにはスプリント期間は短くした方が色々とやりやすいと思う。

追伸

チームで「正確な見積もりをあきらめて、ポイントがぶれるたびにプロダクトオーナーと都度タスクを調整する」というやり方を取ったことがあったが、おすすめしない。調整のコストが結構かかるのと、ベロシティがはかりづらい(作業がすすんでいないのか、作業量が増えたのかわかりづらい)のと、「バーンダウンしなくてもしかたない」みたいな空気になってしまうから。

※1:redmineのバーンダウンチャートが日数とともにタスク量が増えて、1日のベロシティが下がっていくような場合は多分これが理由。

翔泳社のセールで気になっている本

2/25まで翔泳社の本がkindleでセールをしているらしい。個人的に気になっている本をあげていく。

www.amazon.co.jp

紙媒体は持っているんですが、あまりにも鈍器なので、電子版も欲しい…

www.amazon.co.jp

DDD関連はエリックエバンスの本しか読んでないので、この機会によんでみるか

www.amazon.co.jp

実は会社から借りて途中までしか読めていないので、この機会に購入して完読するか。話は違うけど、今は諸事情でエンタープライズ・インテグレーション・パターンの方が読みたい

www.amazon.co.jp

そういえばオレのアジャイルサムライ紛失中…orz 借りパクしてる人返して(泣)

www.amazon.co.jp

なんとなく

www.amazon.co.jp

モバイルアプリはHello Worldレベルだから、レベルあげするか…

www.amazon.co.jp

Oracle Masterアップグレードすっか…

www.amazon.co.jp

Docker!!

www.amazon.co.jp

なんとなく表紙で

www.amazon.co.jp

2/26まで受験申込できるらしい!!

www.amazon.co.jp

これだけは即買いしてしまった。

いらすとやの素材で4コマ漫画を作ってみた

座駆動LT大会でいらすとやというサイトを教えてもらったので、そこの素材で4コマ漫画をつくってみた。

www.irasutoya.com

※ストーリーは皆さんで想像してください

f:id:doilux:20160221105216p:plain:w300

f:id:doilux:20160221105247p:plain:w300

f:id:doilux:20160221105230p:plain:w300

f:id:doilux:20160221105205p:plain:w300

ちなみに私が考えたストーリーは

  1. ブラック企業で酷使され父親を失ったとある少年
  2. 母とともに貧しい少年時代を送った
  3. 青年期は非行にはしった
  4. これが後の秦の始皇帝である